☎ 048-571-8355
FAX 048-571-1606

 H O M E 当院の紹介 診療担当医アクセス English

特色・診療内容 よくある質問

外来のご案内 入院のご案内 病診連携

手術実績 内視鏡実績

大腸内視鏡 SUPER INDEX 大腸がん SUPER INDEX

診察法 ・ 診察体位

 意外と気になる診察体位についての解説です。

 当院の診察は、横向きで行います。台に上がってから、ズボンや下着の類を少し下すだけで十分です。婦人科の診察のように下半身全部脱ぐ必要はありません。たまに、先にある程度脱いでから台に上がろうとする方がいますが、動作が困難になり、転落の原因にもなりますので、台に上がってから準備をしていただければ結構です。

 診察にかかる時間は、正確に計った事はありませんが、よほど診断に難渋する症例を除けば、ほぼ一分以内に終了します。ちなみに、手術の際は、基本的にうつ伏せです。たまに、臨月が近い妊婦さん等は、うつ伏せが困難なので、診察と同じように横向きで行う場合もあります。どちらも、比較的恥ずかしくない体位で、診察、治療を行っております。

 時に非常に強い肛門痛がある状況で受診される患者様もいらっしゃいます。当然、いきなり強く押したり、痛いのを確認もしないまま内診するような事はありませんので、ご安心ください。また、どうしても心配な場合は、「とても痛いのでそっと…」と言って頂いて構いませんので、遠慮なく言って下さい。

 また、2015年10月に、「肛門鏡検査」を導入しました。裂肛(切れ痔)や、血栓性外痔核や、内痔核(いぼ痔)、下血、時には潰瘍性大腸炎、直腸ポリープなどの簡易診断にも役に立ちますので、初診で、激しい肛門痛の無い患者様には積極的に行っております。

大腸がん SUPER INDEX

 H O M E 当院の紹介 診療担当医アクセス English


Copyright Ⓒ Fukaya Proctology Department. All right reserved.
Since 1997.8

〒 366-0035 埼玉県深谷市原郷 449-2
449-2 Harago Fukaya City, Saitama pref. 366-0035 Japan

TEL 048-571-8355
FAX 048-571-1606