☎ 048-571-8355
FAX 048-571-1606

 H O M E 当院の紹介 診療担当医アクセス English

特色・診療内容 よくある質問

外来のご案内 入院のご案内 病診連携

手術実績 内視鏡実績


大腸内視鏡 SUPER INDEX 大腸がん SUPER INDEX

当院は、院内も含め、駐車場(敷地内車内)、敷地内全てにおいて禁煙です。
電子タバコも同様です。入院される方はご理解下さい。
 国レベルで進められている「受動喫煙対策」として、「健康増進法」が改訂されました。

 医療機関は、老若男女の方が「共同生活」を強いられる場所です。大きな病院では、全身状態が悪く、ベットから動けないとか、全身麻酔の手術後で24時間点滴が必要だとか、重症の方もいるというのが一般的な病院ですが、当院では、全て局所麻酔での肛門の手術で、短期間の入院をされている方が全てなので、一見、どこにも病気が無いような、いわゆる「元気そう」な方が沢山入院しています。

 このご時世、来年開催される東京オリンピックを前に、これから世界各国から訪れる人々に対し、禁煙対策が国レベルで日々推進されているとこは皆様周知の事と思います。

 特に教育機関や、医療機関は、その対策がいち早く求められる場所であるのは当然です。しかし、病気を治す為に、数日の入院は必要で、周囲には、全くタバコの煙とは縁のない方も同時に入院しているのも事実です。その様な方に対し、 望まない受動喫煙の防止を図るために、喫煙場所が狭められてきています。

 当院に入院中に最も迷惑な行為が、黙って病室やトイレで喫煙される事です。ニオイが付着して、次に入院される方に悪影響を及ぼす可能性があります。最悪の場合、火事の危険性もあります。そうなってからでは遅いのです。

 どうしても我慢できない方がいる事は、我々も認識しておりますので、その様な場合は、院内にいる看護師に言って下さい。入院中に患者が居なくなるという事は、「非常事態」である事を認識して下さい。敷地外での喫煙で、短時間病院からいなくなる事を伝えて下さい。短時間であっても、「入院中」に黙って居なくなるということは、こちらとしても、対応しかねますので、その点についても、十分にご理解頂ければ幸いです。

 院内へのたばこ、ライター、電子タバコ機器の持ち込みは原則禁止です。ルールが守れない方は、入院・手術ができませんので、その点についてもご理解下さい。

 法的な処置もあります

 厚生労働省によると、「禁止場所に指定された場所で喫煙した個人には30万円以下の罰金、喫煙器具や設備を用意した施設管理者には50万円以下の罰金」と、具体的な罰則も定められています。当院では、敷地内の灰皿を全て撤去しております。

 世界的に進められている禁煙に対し、この短期間の入院生活において、ちょっと我慢して、禁煙に踏み切るいい機会になればいいのではないかと思います。

 大腸がん SUPER INDEX

 H O M E 当院の紹介 診療担当医アクセス English


Copyright Ⓒ Fukaya Proctology Department. All right reserved.
Since 1997.8

〒 366-0035 埼玉県深谷市原郷 449-2
449-2 Harago Fukaya City, Saitama pref. 366-0035 Japan

TEL 048-571-8355
FAX 048-571-1606